今すぐマンガを作りたい! ~エディットモード~

今すぐマンガを作りたいけど、どうやって作ればよいか分からないあなたへ。
ここではマンガを作る上で基本となる「会話シーン」を作る方法をご紹介します!

マンガのコマにキャラクターを置く

●3ステップであなたが作ったキャラクターを登場人物にする

  • 「MATERIAL」アイコンを○ボタン(タップ)で選びます
  • 「CHARACTER」アイコンを選び、配置したいキャラクターを選びます
  • キャラクターが配置されました

キャラクターにポーズをとらせる

●ポーズを選べば、あなたのマンガが動き出す

  • キャラクターのマテリアルエディットで「POSE」アイコンを選びます
  • 「POSE」の項目を選択します
  • 一覧からとらせたいポーズに変更できます

キャラクターの大きさや位置を調整する

●3D操作でマンガの構図が自由自在

  • キャラクターのマテリアルエディットで「MOVE」アイコンを選びます
  • 左スティック(画面スライド)で位置の変更、右スティック(画面ピンチ)で大きさの変更ができます

ふきだしにセリフを入れる

●あなたの言葉を、キャラクターが話す

  • 「MATERIAL」で「FUKIDASHI」アイコンを選ぶと、空白のふきだしをマンガのコマに配置することができます
  • ふきだしのマテリアルエディットで「TEXT」アイコンを選びます
  • 文字入力モードに切り替わり、打ち込んだ内容がふきだしに入力されます

背景を置く

●選んで置くだけ。マンガにリアリティが宿る

  • 「MATERIAL」で「BACK GROUND」アイコンを選びます
  • 背景の一覧画面から置きたい背景を選んで配置します

完成!!

以上の6ステップで、マンガの1コマが完成しました!
バリエーション豊富な素材がありますので、思い通りの一コマをカンタンに作ることができます。

作ったマンガを保存

作ったマンガは1マンガごとにセーブデータに保存することができます。
「SYSTEM」の中の「メインメニューに戻る」を押してメインメニューに戻り、「マンガを保存」を選ぶことで保存を行うことができます。

作ったマンガをロードして編集する

保存したマンガは「メインメニュー」の「つづきから始める」を選ぶことで読み込むことができます。
セーブされているデータを選択するとデータがロードされ、データのモードに合わせて「マンガエディット」モードか「第一話ジェネレーター」モードに移ります。